FC2ブログ

: mcolond

【ミコロンド】 読めたって、読めなくたって、おなじこと。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のベストゲーム

2012.12.26 (Wed)
このブログ作ったのって初夏くらいだったかな。
…とか思って確認したら、1月だった。マジかよ。
そしてこの記事が通算10回目の更新。マジかよ。

1年って早いものですね。
というわけで、今年1年で遊んだゲームのこと。
単刀直入に言うと『パズル&ドラゴンズ』(通称パズドラ)が
自分の中でぶっちぎりトップのゲームでした。

僕がパズドラを遊び始めたのは4月の終わり頃だったか、
確か配信開始から1ヶ月ちょっとで50万ダウンロードを達成し
大きめのイベントを開催していた頃だったかと思います。
プレイし始めたキッカケは、たぶん、おそらく、この記事を読んだこと。

 ゲーム本編は、掛け値なしに「テトリス」「ぷよぷよ」にも匹敵する
 最高峰のパズルゲームであると断言するので
 課金モデルでないパッケージ版をコンシューマーで出して欲しい。


この文末の部分で無料ならば、どれ、どんなもんかとダウンロードをした!
…のだと思います、おぼろげな記憶ながら。ありがとう忍之閻魔帳。

さて、パズドラがいったいどんなゲームなのか、
半年以上もプレイを続けた僕が、改めてしっかりと魅力をご紹介…
しようと思ったんですが、ものすごい長文になってしまいそうなので
いい感じに紹介してくれているブログを引用します。へへへ。

なまあそび:「大人気のパズドラ。その魅力とは」

とにかくコンセプトがしっかりとしていて、
かつ、プレイを持続したくなるバランス感覚が優れている。
また、ひとつひとつの要素に「手抜き」が無く、
コンシューマーゲームのプレイヤーの目から見ても、
「よいもの」であるところも、この手のアプリとしては特筆すべき点だと思います。
キャラクターの絵もすばらしいんですよねー。
後追いのアプリだけでなく、グリーやモバゲーなんかもぜんぶひっくるめて、
ホントにいろいろ出てますが、僕は今でも『パズドラ』が一番だと言い切ります。

スマートフォンユーザーならぜひプレイしてみてください。

それにしても、ここまで無課金で、
こんなに長期間遊べてしまうなんて、なんてゲームだ。
まだまだやりたいことが出てくる。楽しい。
ヴァンパイアロードとバハムートとヘルヘイムを進化させつつ、
年明けくらいには対ヘラパーティーを完成させてやるんだ。

◆パズル&ドラゴンズ(公式)
スポンサーサイト

WiiUを買いました

2012.12.22 (Sat)
気がついたら今年が終わろうとしておる。
おひさしぶりです、チャダマインです。

さて。このブログ、僕が文章を書きたくなったとき、
そのもてあました文章欲を満たすためだけに、存在します。
更新されない期間というのは、とどのつまり、
“文章を頻繁に書く必要がある期間”っつーわけで、
その、なにが言いたいかというと、そう、
仕事が忙しかったから放置してましたってことです。はい。

では、ここ最近のトピックで、デカいところをひとつ。
『WiiU』を買いました。ウワサのスーパーなWiiってヤツです。
セッティングやらデータの引越しやらもろもろの更新やらで
半日ぐらい持っていかれました。いやはやいやはや。
ゲーム機1台導入するのにもホネが折れる時代ですね。

中でも断トツでWiiウェアとVCの再受信がキツかった。
なんせ50本以上も手作業で再受信しなきゃならんので
もうひたすら再受信、再受信で。
しかも『ラ・ムラーナ』を再受信しようとすると暗転から復帰しない
業界用語でいわゆる「ハマり」という状態で操作不能になるし。
やー、もう。

あ、WiiUソフトも買いましたよ。
『NEWスーパーマリオブラザーズU』『ニンテンドーランド』の2本。

マリオはいつものマリオながら、かなりいいデキです。
これまでの中でもっとも『マリオワールド』っぽさを感じます。
歯ごたえもあって、前作の『NEWマリオブラザーズWii』より好きです。
ゲームパッドだけで遊べるのもたいへん気に入っております。

NEWマリオシリーズを個人的な相対で並べてやるとすると、こう。
【『U』>『Wii』>>>>『2』>>>>>>>>『1』】

せっかくなのでOLDなマリオシリーズも並べてやると、こう。
【『3』>『ワールド』>>『1』>『2』】



そしてもう1本。『ニンテンドーランド』です。
こっちはWiiUゲームパッドを駆使したミニゲームがたくさん詰まった
ある意味WiiUのデモンストレーションのようなソフト。
これがもう、すばらしくおもしろい!
デザインもいい感じでまとまっているので
『Wiiスポーツ』などで感じていたダサさもありません。
多人数で遊べる環境がカンタンに手に入るのであらば、
これは遊んでおいてソンはないのではないかと思うほど。


ということで、最近は粛々とWiiUを遊んでおります。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。