FC2ブログ

: mcolond

【ミコロンド】 読めたって、読めなくたって、おなじこと。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・光神話パルテナの鏡

2012.03.30 (Fri)
パルテナさまぁ!やりました!
『新・光神話パルテナの鏡』をクリアしましたよ!
『スマブラX』以来4年ぶりの桜井政博作品ということで
久々にテンションあがっちまいましたね。

にしても、とんでもない作りこみ加減でした。
まだまだやりつくせていないので“でした”は
厳密にはオカシイのかもしれないけど、
ひととおりシナリオを追うだけでも大変な物量を感じます。
そりゃあ完成までに時間もかかろうというもの。

サイドビューのアクションだった前作とはうって変わり
レールカメラの3Dシューティング+3Dアクションという構成。
シューティングシーンは『罪と罰 宇宙の後継者』に近く、
全面的にめまぐるしくて忙しいゲームになっております。
難易度選択は「ホンキ度」と呼ばれる独自のシステムになっていて
これほど難易度のふり幅が広いゲームは他にないのではないかというほど。
いやー、やりごたえありすぎ。のっぴきならない。

なんといってもイチバンの特徴はボイス。
きょうびキャラクターがしゃべるゲームなんて
石を投げれば当たるほどありきたりな時代ではありますが、
このゲームほどアクの強い漫談が続くものはそうそうありません。
ふざけているのか?いや、マジメなのか?でもやはりふざけてるのか?
というくらいおふざけに傾倒したやりとりで笑いつつも
状況に即したアドバイスやシチュエーションの解説も豊富で
聞いていて飽きないというか、飽きようがないくらいのノリ。
この妙なノリが刺さるヒトにはたまらんだろうことうけあい。

ひとりプレイだけでも充分すぎるほどなのだけど、
なんと通信対戦モードまでしたたかに用意されています。
いわゆるTPS的な仕組みのアクションバトルですが
神器、奇跡、アイテムのバリエーションがゆたか過ぎるあまり
まさに『スマブラ』のようなごった煮感がほとばしります。
友達と顔を付き合わせて遊ぶのが一番でしょうが、
インターネットを介した対戦にも対応しているので、
世界中のだれかと1戦だけやって寝る、なんてのもアリ。
対戦でもごほうびが見込めるので、なにひとつムダにならないのがステキ。

すれちがい通信によるタネの交換だとか、
神器の融合によるスキルの引継ぎだとか、
ひとつひとつの要素がキチンとバランスよく絡み合っていて
コンセプトから詳細仕様までお手本のような設計です。

いやはや、さすがだ。
さすが私の(心の中での)師匠だ。
スポンサーサイト

3DSで遊んだもの

2012.03.10 (Sat)
ニンテンドー3DSが発売されて、1年とちょっとが経ちました。
つーわけでこの1年とちょっとで買ったゲームを振り返るとしよう。
まずはパッケージ販売タイトル。

■レイトン教授と奇跡の仮面
■nintendogs + cats 柴 & Newフレンズ
■パイロットウイングスリゾート
■スティールダイバー
■ゼルダの伝説 時のオカリナ3D
■ONE PIECE アンリミテッドクルーズ スペシャル
■スターフォックス64 3D
■うしみつモンストルオ
■スーパーポケモンスクランブル
■スーパーマリオ3Dランド
■マリオカート7
■ソニック ジェネレーションズ 青の冒険
■モンスターハンター3G
■イナズマイレブンGO ダーク
■リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産
■バイオハザード リベレーションズ
■ガールズRPG シンデレライフ
■初音ミク アンド フューチャー スターズ プロジェクト ミライ


18本。
パッケージタイトルですらこんなに買ってたのか・・・。
並べてみないと、分かんないものね。いやだわ。
夏までの、あの、新作に飢えていた頃が懐かしい。
このほかにもダウンロードコンテンツをいろいろ買っております。
つづいてバーチャルコンソール系。

■マリオランド
■マリオランド2 6つの金貨
■マリオランド3 ワリオランド
■ドンキーコング
■星のカービィ
■星のカービィ2
■カービィのブロックボール
■マリオのピクロス
■ゲームボーイギャラリー
■メトロイド2
■ロックマンワールド
■Kid Icarus: Of Myths and Monsters
■ファンタズム
■トリップワールド
■PITMAN
■ゼルダの伝説 夢を見る島DX
■トレード&バトル カードヒーロー
■バルーンファイトGB

■スーパーマリオブラザーズ
■ゼルダの伝説1
■リンクの冒険
■アイスクライマー
■メトロイド
■レッキングクルー
■ドンキーコングJR.
■バルーンファイト
■マリオオープンゴルフ
■ヨッシーのたまご
■スーパーマリオアドバンス3
■マリオカートアドバンス
■マリオvs.ドンキーコング
■メイドインワリオ
■ワリオランドアドバンス ヨーキのお宝
■ゼルダの伝説 ふしぎの帽子
■星のカービィ 鏡の大迷宮
■メトロイドフュージョン
■F-ZERO FOR BAMEBOYADVANCE
■ファイアーエムブレム 聖魔の光石


38本。
いや、多いわ。いやいや、多いわ。
アンバサダープログラムで無償配信されたものが
『スーパーマリオブラザーズ』以下の20本です。
購入したGBのタイトルはけっこうプレイしています。
そして最後に3DSウェア系。

■3Dクラシックス エキサイトバイク
■3Dクラシックス ゼビウス
■3Dクラシックス 光神話パルテナの鏡
■ポケモン立体図鑑BW
■ベクターレーシング
■ゼルダの伝説 4つの剣25thエディション
■ひらり桜侍
■いきものづくりクリエイトーイ
■電波人間のRPG
■ザ・ローリング・ウエスタン


10本。
どこまでカウントするかがちょっと難しいコレ。
いくつかは無料配信タイトルだし、
「3Dクラシックス」はレトロゲームの立体視リメイク。
となると、純粋に新作で購入したものはそんなにない。
こちらはどれもバーチャルコンソールほど遊んでないです。

では、どのゲームを一番遊んでいるのか?
そう、『思い出きろく帳』を見ればイッパツですね。

えーっと、どれどれ・・・?
なんと!そうきましたか。

では、最後にプレイ時間ランキングをお届けしてお別れ。
あまりにも個人的なランキングすぎて、
何のトクにもならないところがいいですね!

1位:『すれちがいMii広場』(54:55)
2位:『モンスターハンター3G』(47:03)
3位:『ゼルダの伝説 時のオカリナ3D』(26:34)
4位:『スーパーマリオ3Dランド』(21:46)
5位:『マリオカート7』(20:05)
6位:『トレード&バトル カードヒーロー』(18:55)
7位:『スーパーポケモンスクランブル』(12:55)
8位:『ゼルダの伝説 夢を見る島DX』(11:39)
9位:『レイトン教授と奇跡の仮面』(11:11)
10位:『イナズマイレブンGO ダーク』(9:53)


ぶっちぎりで『すれちがいMii広場』が1位でした。
よもや60時間もプレイしていたとはね・・・。
(放置時間が長いというのもあるのだろうけども)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。